導入している脱毛器をチェックしておこう!

エステでよく使われる脱毛器の特徴

全身脱毛を希望する場合、医療機関やエステサロンによって、導入している脱毛器が異なります。どんな脱毛器を導入しているのかによって、肌への影響や脱毛の効果が大幅に異なるため、事前に確認を取ってから申し込むことが望ましいでしょう。エステ脱毛の場合には光脱毛をメインとしているところが少なくありません。光脱毛のメリットとしては、価格が安いことと、痛みが確実に少ないことです。エステサロンでの脱毛であれば肌への負担が少ないといわれることが多いため、肌の弱い人や、痛みのない脱毛を希望している場合には、エステサロンで光脱毛を受けたほうがいいでしょう。ただし、デメリットとしては、永久的な効果が出るかどうかは個人差が多く、効果を実感できない場合もあることを理解してください。

医療用脱毛で使われることが多い脱毛器

医療用脱毛の場合、レーザー脱毛が圧倒的に多いです。その理由として、脱毛効果が期待出来ることと、確実に毛根に向けて照射できることだといいます。光脱毛よりもレーザー脱毛のほうが照射できる範囲は狭いですが、レーザー脱毛の場合は確実性が高く、回を重ねるごとに照射効果を実感できる人が多いです。痛みが少なめのダイオードレーザーや肌を冷やしつつレーザー脱毛をする機種、日焼けした肌に使えるタイプなど種類も豊富です。ただし、デメリットもあり、料金が高いことと、肌への痛みや負担があり定期的にアイスパックなどで冷却しなければ火ぶくれが生ずる可能性もあります。なお、専用の針で毛根に電流を流すニードル脱毛等もあるため、希望する脱毛効果によって選んでください。